ペットに安全と楽しさを提供し
それを飼い主さまに伝えきるまでが私たちの務めです

ペットシッター

 

 

 

どうしてグラビューハートがペットホテルではなくペットシッターに拘るのか?!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
身内に預けているかのような安心感が
リピート率の高い理由のひとつ♪
大切なペットのお世話は私達にお任せください!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ペットシッターとは一言で言えばお家にお世話に来てくれるベビーシッターのペットバージョンの事です。それだけを考えるとお家の中に入られるデメリットが目立ちますね。しかし、ペットシッターを依頼したご家庭が二度とペットホテルに戻れないのには訳があります!

お店がペットとご家族の生活に合わせるシステムなので通常のペットホテルに比べ、負担やストレスが少ないのが特徴です。

また、プロによるマンツーマンのお世話はペットと飼い主さまにとっては最高のサービス業となります。

一般のお世話はもちろんのこと、
単発のお世話、長期お預かり、送迎、躾、介護、
自宅ヘルスケア・幼稚園・デイケアなど
ペットのことならなんでもご相談ください!
どんなお悩みにも親身に対応させていただきます。

◆動物たちへの深い愛は
どこのペットホテルにも負けない自信があります!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
動物愛護活動を軸に活動しておりますので、
スタッフは皆、動物への愛と知識が豊富です。

特に性格・病気など訳ありの子や
多頭飼育の問題、トラブルの対応には
力を入れておりますので、
通常のペットホテルではお預かり不可の子のお世話も
しっかり対応させていただくことができます。

単発〜長期まで対応!お世話時は細かな報告書付きで安心です♪

動物愛護活動を行うスタッフが深い愛と豊富な知識で大切なペットのお世話をお手伝い♪病気や性格で難のある子も対応可能!

 

料金

☆一般利用の料金

 

・ペットホテルや他のシッターさんでも断られたましたか?グラビューにご相談ください!

・グラビューハートのスタッフは経験値が凄い!

グラビューハートの主格は動物保護施設です。

日々動物保護施設に運び込まれる犬や猫は、性格や体調、病気、怪我、癖、行動など様々な特徴が突起した子達ばかり。

そんな「一筋縄ではいかない」動物達を普段相手にしているスタッフ達の引き出しと対応力と観察力は他のシッターさんより優れていると自信を持ってお伝えします!

グラビューハートは資格よりも経験により研ぎ澄まされた感覚を大事にしています。

 

ペットシッターの利点

・お家のお世話がマニュアル。いつも通りに過ごせる事がペットにとってはなによりもの贅沢。

預かりの場合はペットがお店のシステムに合わせて生活をしてもらわないといけませんが、ペットシッターの場合はペットに普段通りに近い、またはそれ以上に特別な時間を過ごしてもらうようにセッティングされます。

また不特定多数が集まる預かりは、システム上流れ作業になってしまいます。しかし、ペットシッターはマンツーマン。時間の長さよりシッター時間中の内容の濃さが重要視されているシステムになると言えるでしょう。

どんなペットでも環境の変化は苦手です。

殆どの時間をガラスケースの中で過ごし蹲っていては、ペットから発信されるサインは弱くなります。どんなにプロが入ってもそれってプロが対応する意味があるのでしょうか?

また、どんなに愛情深いスタッフが優しく声をかけ、撫でてあげても、ペットたちの気分は上がらないことでしょう。

例え、自由がある預かりでもペットは普段の様子とは違いますし、スタッフの仕事内容も流れ作業で機械的になってしまうのはどこの店舗でも致し方のない事です。効率化は心を持つ者を相手にする仕事の上では決して適しているとは言えないでしょう。

幸い、グラビューの預かりは保護施設の一角を預かりスペースにしているのでボランティアさん達が相手役になってくれますが、シッターをメインにしている目線で見るとかなり管理のレベルは落ちていると自負致します。

ペットがペットらしくはもとより愛好家が仕事として愛好家らしくいられる、それがペットシッターです。

ペットシッターでも始めは警戒されてしまったり、最後まで懐いてくれない子もいますが、多くの子の場合2回目からシッター士の訪問を喜んで迎えてくれます。

最後まで懐かなった子は、シッター士が最低限のお世話を終えて翌日訪問すると餌はしっかり食べてトイレもちゃーんと出来ています。おもちゃで遊んだ跡がある事もしょっちゅうです。そんな翌日までの変化や留守番中の動きを読み取り、例え1匹の時間でも快適で楽しく過ごせるようになにか工夫をして退室したりするのもシッターならではですね!

・飼い主さんとシッター士の間でやりとりができる。変更ができる。対応ができる。信頼ができる。グラビューハートは細かい報告に力を入れています!

ペットシッターをご依頼される中で、1番の不安は言葉の話せない動物達とシッタースタッフとの間でどんな業務が行われているか?また密室の敷地内でどこまでスタッフを信頼しても良いのか?

どんなに打ち合わせにて言葉でお伝えしても飼い主さんの不安が拭えないのは当たり前の事だと思います。

グラビューハートのペットシッターは報告をなにより大切にしています。

楽しくて、面白くて、笑っちゃう報告はシッター開始から終わりまで細かくたくさん送られてきます。
もちろん、シッター業務内外に関わらず「質問・お願い」を連絡してもらえば身内に預けていただいているかのように親身になって対応致します。

思いのたくさん詰まった報告を受け取った飼い主さんからは「その場に自分がいるみたい!」とお言葉をいただいております。

またコメント付きで送られてくるシッター士の報告により病気の発見やペットの特徴の新発見もあります。そこには普段の生活の中だからこその発見があります。動物病院でも見過ごされてしまう小さなサインが家だからこそ見つけられると私達シッター士は思っています。

各シッター士の色が凝縮された報告は真面目なものから4コマ漫画みたいなものまで様々です。これらを読んでもらえばスタッフの人柄を絶対わかってもらえると思います!1回目に警戒のあったペット達が2回目から喜んで迎えてくれるのと共に、飼い主さんの警戒も和らいでいく感覚をスタッフ達と楽しみながら業務に励んでいます。

最初は細かく指導があった飼い主さんも、シッター業務の回数を熟すと「スタッフの〇〇さんの良い様にやってもらえればイイです!」と口を揃えて言って下さいます。こうなるとプラスαのサービスの幅も広がり、お客様も安心して任せていられる理想のシッター士と飼い主さんの関係になれますね。

ハッピーちゃんのとある1日を覗き見!

1

2