リョウマ里親さま募集

りょうま

 

年齢不詳(雰囲気おっちゃんやけどおじーじゃないよ)・男の子・エイズキャリア陽性

人に甘えるのだーいすき!もっちりずんぐりな容姿が大人気。野良時代に後ろ足を片方失いましたが生活に支障はありません。大人しい子で人が来ると直ぐに側に寄ってグルグルゴロゴロ喉を鳴らします。

保護施設をやっている割にとことん猫を拾わない様にしている代表がどうしても拾ってしまったリョウマはいわゆる地域の野良猫というものでした。

そのお顔は生粋の野良そのもの!

しかし、片足を失いながらも生きていく為にびっこを引きながらごみ収集所を回り歩いている姿はどうしても私の目を引き、情に訴えかけるものがありました。

そして、この脚は人間が仕掛けたとらばさみという「残酷すぎる」事と「もしも人の子供が掛かったらとんでもない」と言う理由で今は法律違反になっているはずのあってはならないもので奪われたものでありました。

とらばさみに掛かると拘束されて足が壊死した後に腐ってズル剥けになるまで痛みと飢えに耐え続けなければなりなせん。

でも、食い込んだ金具は止血にもなるみたいで、リョウマみたいに生き延びる子もいるみたいです。

何はともあれ辛い辛い放浪生活から、他の猫たちと1つ屋根の下生活へ昇格したリョウマはその温厚な性格からすんなりと馴染め食卓の中央でみんなに囲まれて食事をする程になりました。

外にいる時からほっそりした印象はありませんでしたが保護されてからはすぐさま、そのぽっちゃり体型が頭角を現し始めました。

(言わなきゃ伝わらないリョウマのチャームポイント!背中に隠れミッキー!!)

そんなリョウマ君ですが…

発情期に差し掛かり、性格がちょっと変わってきてしまいました。そして、それと共に未去勢独特の雄猫のエラ張りが拡張され、新種の猫の様な顔に!!!(笑)

ハムスターがほっぺたにひまわりの種を詰め込んだようなお顔。

こんな見た目だけでしたら、こちらの方が猫オタクさん達の心を射抜くのでしょうが…発情のせいで喧嘩を売りさばきに施設内を彷徨うようになり、問題猫と言うレッテルを貼られてしまうように。。。。

各部屋ゲージの未去勢の男の子達の前に行っては

喧嘩を売り、自分だけが自由な事をまざまざと見せつけるという嫌がらせをするために夜な夜な自分の部屋から脱走するようになりました。

去勢は終えたものの、タイミングが発情期真っ只中だったようで、なかなか男性ホルモンが抜けないリョウマは…基本おっとりなのについ男子にビビビと電気が走り喧嘩を売ってしまう事があります。

それは、猫パンチ!遊びのガブリ!とかではなく男の子の本気の喧嘩です。

なので、リョウマのデビューはリード装着でのデビューとなってしまいました。

ショボーン。

にゃんで俺だけ!?

いつかやってやる!

体内に残った男のサガは根深く…

徐々に落ち着きを見せていったリョウマですが

やっと落ち着いたと私達が思った頃合いに不祥事を起こし、私達の信頼を失うという事を懲りずに繰り返しています。

反省中リョウマ。

猫エイズは名前が先立っていますが、怖いものではありません。

ただ、やはり男の子に電気が走っちゃうリョウマ君は男の子と生活できるほどの準備は整っていませんね。

でもなぜか女、子供にはとっても優しいリョウマ君です。

子供のお世話が大好きでグルーミングなどは他の女子猫たちより、せっせせっせとおこなっています。

でも、本当は男子達とも遊びたい…

ごめんね、去勢のタイミングを悪くしちゃって…

本来まったりのんびりな子〜

リョウマだからこそ!の魅惑のヘソ天は日常茶飯事

こんなのが毎日お家に転がっていたらそれだけで幸せですよね!

永遠の天使!おっさんエンジェル!

最近は本来の平和なリョウマの方が殆どで、たまの拍子で出てくるビビビッの瞬間以外は、逆に過去の仕返しを受けているくらい…でだいぶん弱気な男になってきました。

ハナから負けを認めている顔を見せます。

そしてなんと言ってもリョウマのアピールポイントは人間さんがだーいすきなところ!

いつも側に

いつでも側に…

くっついてくれています。

その他のリョウマを挙げます。

こんな図体と顔をして大きな音が嫌いです。

大雨、雷などは隠れて心臓をバクバクさせてます。こんな子が野良時代を過ごしたと思うと心が痛みますね。とらばさみに掛かっている間もきっと雨風に打たれて耐えたことでしょう。

こんな図体と顔をしてシリーズパート2。狭いところに収まるのが意外と好きな、紛れもなく猫!です。

たまにお腹がつかえて入れない事もあります。そんな時は見なかった事にしてあげてください(笑)

きっとあなたが帰宅したら急いでお出迎えに来てくれる子です。

「マンチカンなんちゃうん?」と思わせるタダでも短いその足で、びっこをひきながら一生懸命後追いしてくるその姿は純粋に愛おしく感じてもらえるはず。

ちなみにちぎれた足はこんな感じで終息してます。家庭で歩く分には問題ない感じです。野良を続けてアスファルトを歩いてたらずっと足がえぐれて常に感染症との危険と隣り合わせでしたね。

「何を言うとんねん!この長い足を見てみなはれ!」

ノビーンをして近づいてきて…

「触って…」の圧力をかけてくるのがリョウマの甘え方。

その心は「とっても幸せ!」

触り心地はズッシリでバッチリです。

ドタバタ走りません。

お喋りは目を見てごにょごにょ喋るくらいで静かすぎるくらいです。

お留守番はひたすら寝て待つつもりやと思います。

高いところに登りません(登れません)。

「でも、おもちゃ遊びは飼い主さんと嗜む程度でしたら、コミュニケーションの一環として付き合ってやってもええ…いや、おっと失礼…させていただきます。」

抱っこは急に持たれたら、猫並みにびっくり顔しますけど〜、嫌がり切らないところを見ると、家族になったら膝に乗ってくる事もあるのでしょう。

数年に1度、現れるキャラ猫としてただいま不動の猫ファンをグラビューにて総なめにしておりますリョウマです。

とても飼いやすくて懐っこい子なのでご検討ください!

お問い合わせお気軽に!

電話 090-7134-1449

メール grabeau-heart@me.com

LINE hiromigoubara

・猫エイズ陽性・猫白血病陰性・虫下し・害虫駆除済み・

・過去の病歴 片後ろ足切断・喧嘩での怪我・猫風邪・猫ニキビ

※ペットでの猫エイズはとても発症しにくく、天寿を全うする子が殆どで他の猫にも激しい喧嘩をしなければ移りにくウィルスです。

里親希望者さまへ。
リョウマを含めたくさんの犬猫たちが、卒業猫の里親様の募金や日頃から応援してくださっているみなさまからのご厚意で今の生活を送らせて頂いております。
過去の里親さまのお陰でリョウマは生きています。
リョウマの後輩になる子達へ次のバトンを託す為
幸せの連鎖を引き継いでいただくようご協力をお願い致します。

振込先:三井住友銀行 飾磨支店 普通 0262086
一般社団法人 グラビューハート

関連記事

  1. 2019/3/31

  2. ピー助ちゃん!

  3. 大はしゃぎ⤴️

  4. ショウ・ジュン・タラコ里親様募集2018/10

  5. マーくんちゃん里子決定!2018/10

  6. マンゴー里親様募集2019

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。