12/7〜12/21NO2

 

始まりましたね。飛ばし飛ばしのブログの私のブログ。またどんどん遅れていき急に飛ばして1からスタートになるのもそう遠くは無いような気がしてきます。おそらく今回のブログをアップするときには新年を迎えていることでしょうから気を引き締めて早め早めの更新を心がけます。

 

今回は突然の訃報からの悲しいお知らせとなります。ポポが急死してしまいました。「よく吐くなぁ」から数日。最後のほうは本当に急速で手の施しようがありませんでした。

ポポは正直年齢不詳でした。監禁型ネグレクトを受けていてその痩せ細った体は過去の生活が原因なのか、年齢から来るものなのか、そもそもぽぽの生まれ持った体型体質なのかわかりませんでした。ただそのネグレクトを受けていた猫たちはみんな歳をとるほど長生きをせずに餓死などで死んでいったとされます。救出した子たちもほとんどの子が3歳位では無いかと言う獣医師の推測で…ポポが高齢である可能性は低いと予測するしかありませんでした。

【ポポが暮らしていた飼育現場。ほぼ周りが見えないバリケンの中で24時間365日身動きもまともに取れない日々】

【食事と水は数日に1回、掃除は2週間に1回。空腹が耐えきれずシーツ代わりに敷かれていたちり紙を食べて飢えをしのぎ糞はちり紙。その中でただ時間が流れるのを待つだけの時間】

【死んでいった子達の爪痕。これを見てしまった時、「もう、死にたい」と思いました。こんな悲しい理不尽な事ばかり起こるこの世を見続けないといけないならば死んで逃げてしまいたいと思いました】

それでも目の前には助けたい命がある。その中の1匹がポポでした。

病状が現れたときには猫の代表的病である腎臓の数値は致命的。もはやもう、ポポが何才であったか…今となっては検討もつきません。

腎臓から来るものなのかわかりませんが吐いている前から胃はどこまで機能していたんだろう?という状態で既に体にはガスが溜まっていました。

ちょうどポポを取り巻く環境の事もあって、ストレスだと思われていた症状に対して消化の薬や吐き気どめ、精神安定剤などを使って対応していた期間に病状が生死に関わるほど悪化していき、次の手を打とうとしたときには尿毒症と思われる症状も出ていました。

精神安定剤は表面に現れる作用が非常に強く感じます。それがポポの病状と見分けるのに壁となってしまいました。

「助けれたんちゃうん?」そう言って落胆する私に「どうであれ正直結果は同じだったと思う。」と、私を慰めるためにか…先生は言ってくれました。でも、ポポがしんどい時、精神安定剤の副作用とポポの病状が似ていた為ポポが苦しんでいるにもかかわらず私は何の手も出さなかったんです。とにかく悔やみしました。むしろ、強制給餌や薬投与など私が手を加えたあれやこれは彼女のとって、苦痛で仕方なかった事でしょう。

誰が死んでもどんな時でも見送るたびに後悔と反省が。自分は本当に何かを犠牲にしないといつもいつも先に進めない人間で…もう本当に自分が嫌になります。

ポポが死んで、いやポポを苦しめながら死なせて改めるべきところ・振り込振り返らなくてはいけないところとまた向き合う私です。

個人で活動していた時のそれに近づけていくことが良いと思っています。それは今の事業所を立ち上げて少ししてから既に思っていましたがなかなか態勢を変えるのも勇気がいり流れ流れて今でした。

今仕事というのは様々なスタイルがありますが企業の大きさというのはこの時代あまり重要視されるものでは無くなってきているのではないか?と思っています。

人というのは仕事を突き詰めていくほどにこじんまりしたものになっていくような気がしています。

個人で守れる命に限界を感じ団体に憧れた時は漠然と「立派なモノを作るぞ!」と思っていました。それがより多くの動物達のためになると純粋に思っていたので。

しかし団体にした途端からなんか違う…と気づき今でははっきりと「グラビューをより小さなものにしていって大事にしていきたい」そう思います。規模が大きくなればできることがたくさん増えると思っていましたが規模が膨らみできない事の方が多い気がしてきました。

でも、この5年で得た真髄は大きいと思います。

全然別の話になってしまいましたが、ポポには本当に悪い事をしました。

レスキューからちょうど1年。

私はポポの幸せに何か力になれたのでしょうか。

辛い思いをさせました。怨まれてもよいくらいの存在である事は確かです。

天使と悪魔は隣り合わせです。

救うってリスクを伴いますね。

 

プレイルームデビューに対応できず、コソコソ隠れて過ごす生活からスタートしていたがっちゃんですが今ではすっかりこんな寛ぎしてます!

兄妹たちが毛長だったり(本猫も普通よりは少しもふもふ)、こーんな体勢をしちゃうことから洋猫の血が強いと予想されているがっちゃん。

死にかけのチビチビで施設に来たがっちゃんは今でも私には赤ちゃんのように見えるのですが…

な、なんと!いつのまにかマーキング男になっていました!!!!

同じ年頃の男子3名も濡れ衣を着させられ、仲良く4匹で去勢へ!!

2018年の子供達が続々と避妊去勢のシーズンへと入りました。

今年も子猫が多く、里子行きそびれがたくさんいます。

その子ら全てを避妊去勢していかなくてはいけなく、2019年も早速膨大な医療費計画となりそうです(汗)頑張ります!!!

逐一、ポーズが可愛いがっちゃん。絶賛里親さま募集中です!

 

飼い主さんのおばあちゃんが痴呆症になりながらも精一杯守られた命、凛。

痴呆症が進んでも変わらなかったのは「凛ちゃんの行き場所が見つかるまで施設には入らない」の意志。

そんなおばあちゃん、今は施設に入られ凛ちゃんの事を思い出せない日の方が増えてきているそうです。

凄いよね。なんだろ?この美しすぎる愛は。

見返りも、欲も、比較も、打算もない愛。

おばあちゃん、施設と言うのはペットにとってはとても辛い場所です。

でも凛ちゃんはちゃんと生きてますよ。

ここの生活にも少し慣れて来ました。

あともう一個の試練を乗り越えれば凛ちゃんは本当に幸せになれます。

その時、もう全く凛ちゃんの事を思い出せなくなっていたとしてもちゃんと凛ちゃんは幸せにしますし、その美しい愛情をたくさんの人にお伝えします。

そんな凛ちゃんは飼われている時、ヘルパーさんなどになかなか姿を見せないビビたれにゃんでした。

しかし、それでは施設では生きていけない事が分かったのでしょう。

流石は元ペット。今では誰という特定はなくそれなりに懐いてきました。

ちなみに美談を冒頭でお話しましたが、世代の常識のせいでしょう…凛ちゃんは不妊手術をしてもらっていないニャンでして推定6歳。

お陰様で酷い子宮蓄膿症でした。

手術する前は、原因不明の不調と不機嫌がおびただしく続いていました。

子供を産ませないなら、避妊去勢は常識です。

もっと言うならこれほどに無慈悲に失われる命がある中で、新たな命を敢えて求めるのはちょっと好きではありません。

飼っている子の子孫を求めるのは私には理解不能の分野ですね。

もしかしたら過激的な意見かもしれませんが…ペットは全て避妊去勢絶対!を求めますね。

 

【続】ランデブーシーン。トムとピピ。

この角度とトムの振り向きざまな様子が生々しくって芸能界並みのフライデー感ありますっしょ?(笑)

いや、今時なら文春感かな?新潮感かな?

ただ、ここだけの話ですが…このカップル近日引き裂かれる予定です(こっそり話です)(笑)

 

京都府のO様

たくさんのご物資をありがとう御座いました!

物資を送るには?

 

 

ちーちゃんの人訓練継続して頑張っております!

皆さま家庭内野良運動にご協力お願い致します!

グラビューの言う家庭内野良とは

 

TNR対象だった子が保護っ子へとなりました。

幸運ガール!チャイちゃんと命名!よろしくね!

 

その他もろもろのプレイルームの様子。

レナのイジメ対象だったカリン様。

レナが卒業して予測通り表に出てくるようになりました。

ちょっとはっちゃけ過ぎの様ですが…(笑)花梨らしさが爆発して良いですね!!^_^

歴代の年期の入った男らしさで喧嘩を売ってしまうクロム君の猫訓練が本格的に始まりました!

エイズでなければ放置なんですが…彼はエイズキャリア持ちです。

せっかくプレルームにデビューしたんだから思いっきり自由になってほしいですね!

エイズ猫の偏見がなくなりますよう。

 

産まれた時から見ていますが…エリカの子供達の成長が良すぎて…子猫に見えなくなってきた件。

最新のプレイルームデビュー者のパピとクロ。

クロはいい感じに人馴れしてきました。

パピは女の子らしく臆病ですが彼女なりに進歩していっています。

頑張れ!2匹とも!

この子たちに会うには? 

昨年の子猫組では古株になってしまった2匹のきじねこ、じゅんとたらこ。

押し売りポイントは犬が大好きなところ!ウィークポイントは譲渡後しばらくは大きな声で泣いてしまうところ!

この2点が特化していて他のポイントは全て平均値が飼いやすい子なので「うちの家にあいそうだなぁ」と思われるご家庭の皆様ぜひお声掛けよろしくお願いいたします!

隔離部屋では…
久々の凶暴母ちゃん現る!!
はるひ、きょうや、たまき、かおる一家です!!
凶暴だから…のら気質だから…と言う理由でお外で話すことができないグラビュー。
猫にとっての幸せを考えると迷宮入りの迷路に入ってしまうので、この子達が幸せかどうかよりもどうやったら幸せにしてあげれるのか?それだけを考えて今日も柵越しからしばかれるスタッフ一同(笑)
暖かいお部屋にいたヘンリーは飲みアレルギー。1番下のケージの子には、気温が低かったり、視野が狭かったり、病気に気づいてあげるのが遅くなったりと申し訳ないことも多いです。ぐちゃぐちゃになった低皮膚が痛々しい。急いで処置をして現在は改善方向です。

 

過去の経験からも心臓が異様に強いと思われるあおいちゃん。

今回の衰弱に覚悟した人間たちには想像できないような生命力である意味の長生きを継続しております。最近意識が朦朧としているせいなのか諦めなのか感謝なのか分かりませんが、「シャー」を言うことがなくなってなんとなく私に心許しているような様子になってきたのをきっかけにとうとう家に連れて帰ることにしました。

おかかとあおいちゃん。一気に重病患者の治療ルームとなった私の部屋。

あおいちゃんは脱水症状や臓器運動の低下により重度の便秘を患っています。一生懸命力んでいる姿やひどいときには嘔吐する姿を見るととてもかわいそうに思います。何とかしてあげたいのですがとにかく便が降りてこないことには補助のしようがありません。ビオフェルミンを始めてからゆっくりゆっくりと便が降りてくるのが確認できました。ビオフェルミンは動物たちにも良いみたいなので便秘や下痢には試しに使って見られることをお勧めします。

とある日、やっと肛門まで降りてきてくれた便!取り出してみてびっくりです。詰まって詰まって凝縮された便は通常の健康状態で力んでも出すのが大変そうな大きくて硬い便でした。大げさでなく、硬さはもはや石そのものでした。どれだけ強制給餌をしても皮下点滴をしても体の水分が全く足りていません。いくら生命力の強いあおいちゃんでも体の各所に徐々に寝たきりによる影響が出始めている…次は葵の体に何が起こるのだろうかと日々恐怖との戦い。

 

 

この期間のトライアルメンバーです!

じゅんくん!

つよしくん!

ゆうきくん!

以上、 3名でした!幸せになってね!

 

ペットシッターのご利用いつもありがとうございます!この期間中のお客様メンバーず!

いつも100点満点のお出迎え!むさしくんりゅうくん。

はじめまして!杏ちゃん、ムーちゃん。(ムーちゃんの写真が取り込めてなくてごめんなさい!)

安定のテンくんママ子さん。

いつもおしゃれななこさん。

一緒に治療がんばってます。蘭子ちゃん。

久々に出てきてくれて甘えてくれたのが印象的でした。メリ子さん、クルさん、モンさん、キーさん、ミズさん、ジルさん!

こちらは安定の眠気(笑)の殿さん、海さん。

幸せのお手伝いができることを心から願っています、あちゃさん、ぬぅさん、チワくん、まる君、ケティくん。

はじめましてのるんさん。プロの目線ならではでるんちゃんの楽しいをたくさん見つけてあげたいと思います!よろしくお願いします!

その他、廉太郎くん、チャッピーくん、モモくん、トラちゃん、シャアちゃん、みーくん、沢山の楽しい時間をありがとうございました!

ペットについてのご相談はこちらから

ご寄付のお礼(12/7〜12/21)

お振込みにて

S・Kさま

F・Mさま

郵送にて

A・Mさま

25,000円お預かり致しました。皆様のご意思を活動の形に変えてきます。ありがとうございました!!

ご寄付や物資のご協力はこちらになります。

今回も読むのが疲れるくらいの容量にお付き合い頂きありがとうございました!

また次回もよろしくお願い致します!

 

今の生活を変えずに保護活動の仲間になろう!会員さん大募集中!

関連記事

  1. トラ里親様募集2019/6

  2. 天真爛漫✨

  3. アメ里親様募集2019.9~代表の浮気者ですんまへんブログ~

  4. 2019タマ里親様募集2020,3代表のうわきもんですんまへんブログ

  5. 2019/7/1

  6. かりん里親様募集2018/10

    • ノバウサギ

    はじめまして(^^)こんばんは。少しでもお力になれたらと思い、先ほど少ないですがお口座に寄付させていただきました。このサイトの募金口座からダウンロードされるファイルを開こうとすると文字がぼやけてしまいました私の端末だけかも知れないのですが…。Yahooブログの方に口座の記載があったのでそちらを利用しました。差し出がましいかと思いましたが、端末によっては不具合が出たりするのかもというご報告でした。郵送先と同じように直接記載した方が無難かもしれません。あと、このサイトのお問い合わせのコメント欄に文字入力して確認ボタンを押すとコメントが消えてしまいます(TдT)ブログお引っ越しされたようですのでチェックした方が良いかもしれません。寒い日々が続きますね。お身体ご自愛のうえ、活動頑張って下さい。応援しています。

      • hiromigoubara

      こんにちは、ご連絡とご寄付の方をありがとうございます!
      ご寄付は動物達のために大切に使わせて頂きます!
      貴重なご意見も参考に今後修正に努めて参ります!ありがとうございました!!!
      今後ともどうぞグラビューハートへご声援いただけますと励みになります。どうぞよろしくお願いいたします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。