2019/4/3

今日はシッター先へ、スタッフのご挨拶に行って来ました。

最近シッターは2年半前から頑張ってくれているFスタッフにほぼお任せしております。

今挨拶に廻っているのは少し前から仲間になってくれたOスタッフです。

飼い主さんとスタッフさんの間に入ってお互いが知りたい事や伝えたい事の仲介役をするのって意外と好き。

動物を不幸にせずに動物を仕事として関わっていきたいスタッフ達が働きやすいように環境を作っていきたいと、スタッフ挨拶する度に思います。

ペットシッターは何より素晴らしいペットサービスだと確信していますがなかなか知名度が上がらないペットサービス。どんどん広めてもっともっとたくさんのスタッフさんが働けれれば良いなぁ〜。

 

今では、私が1人で血が滲むような思いでしていた頃のお客さまは半分ほど。

そんな半分ほどのお客さんの中でも高齢になったペットもたくさんいます。

出会った時あんなに元気だったシルキー君も、痴呆症が出だしたそうです。

切ないです。

飼い主さんでは無いからこその切なさがあります。

共有時間が飛び飛びな分、進んだ分だけの時の空白に心がついていかず、ぽっかり空いた穴にぴゅーぴゅーと隙間風が吹くんです。

スタッフの報告越しから、届かないエールを送る私なのです。

 

「動物を幸せにしてお給料をもらえるシステム」を大切にしています。

今はまだ、挨拶について廻っていますが、スタッフさんにシッターはどんどん行ってもらっているので、いつかは私が挨拶廻りする事さえ無くなる日が来るんでしょうね。

どうしたって時間が流れるというのは貴重な事でちょっぴり切ないという事ですね。

昨日は歴史の1ページを喜んでいた私が、今日は切ないとほざいています。とても矛盾していますね(笑)

 

関連記事

  1. 事前の避難所?2018/10

  2. メイ里親様募集2019年1月

  3. かりん里親様募集2018/10

  4. 今月の新規さん😊

  5. コタロウ里親様募集2018/9

  6. カエデ里親様募集2019,11~代表の浮気もんですんまへんブログ~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。