家庭内野良運動にご協力を!

僕たち、私たちはなかなか人を信じられない野良です。
怖がりだと美味しいご飯を食べる権利はないですか?
人を信じられないとふかふかの布団で寝てはいけませんか
野良だと屋根の下で暮らす事は許されませんか?



・居ても当たり障りのない家庭内野良
・家の中で出会って目が合うと伏せる家庭内野良
・1日会わない日もあるけどちゃんと餌は減っている家庭内野良
・決して触らせたりしないくせに飼い主の帰宅をちょっと期待している家庭内野良
・喜んでいる姿を人間に見られるのは痛恨のミスな家庭内野良
・0.1距離が縮まっただけで感動を共有できる家庭内野良
・動物同士では優秀過ぎる交友関係を築く家庭内野良
・意外だからこそ所々見せる天然ボケが見てて楽しい家庭内野良
・誰も信じられない分、貴方だけにちょっと芽生えた感情は偉大な家庭内野良


些細な出来事に大きな喜びを与えてくれる
そんな家庭内野良との共同生活始めてみませんか?

多頭のご家庭様!一家に1匹家庭内野良運動にご協力を!

「野良猫をなくそう!」
同じ星の元生まれて来た猫
同じ猫でも環境のせいで違う生き物のように臆病に育ちます。
その命の締めくくりに
「この世は辛かった。怖かった。愛などなかった。生きたくなかった。おかあさん、なんでこんなところに私を産み落としたの?」と思いながら死んでいって欲しくない。

家庭内野良は考え方1つで飼育がとても容易になり、困難にもなります。
受け止める家族次第ではとても手のかからない良き相棒に。
家庭内野良との向き合い方、ご相談承りますのでお気軽にお電話下さい。

また家庭内野良は極めて自然に任せて共に暮らす事がコツになります。愛情は与えるだけでは無くペットのありのままの姿を受け入れ包み込む事がポイントになると思っています。
愛護に興味がある方ほど「懐かせてあげたい」と思い構い過ぎてしまったり
「やり過ぎ医療行為」をしてしまい
時にペットの一生の生活の質のバランスよりも飼い主の満足追求になってしまう事もあります。
少し放置型の飼い主さんの方がペアリングがうまくいくかもしれません。
その点も含め、愛猫家さんのタイプの相性などもご相談下さい。